スタディサプリを夏休みから始めると得する理由は…

夏休みに向けて夏期講習を探している人もいるかもしれませんが、夏期講習よりもスタディサプリ中学講座を使った勉強法を始めるほうが2学期以降のことを考えると得です。

夏期講習の効果は一時的
sensei.jpg学校が休みになる期間に夏期講習に通うことは勉強する時間を半強制的に作るという意味では効果的です。普段から家で勉強する習慣がない人にとっては、学校が休みになるとまったく勉強しないということにもなりかねません。

夏休みにまったく勉強しないでいると2学期が始まってからも休みボケが続いてしまいます。休みボケが抜けないうちに定期テストが始まってしまっては、成績も期待できません。

こうしたことを防ぐために夏期講習に通っておくことは意味があります。
ただし、夏期講習の効果は一時的なものでしかありません。

あくまで半強制的に通っているという状態だと、夏期講習が終わり学校が始まると家では勉強しなくなってしまうからです。1学期の成績が良かったならそれでもイイのですが、1学期の成績がいまいちだった人は同じことの繰り返しとなってしまいます。

半強制的に通う夏期講習では成績の現状維持が精一杯で、2学期の成績まで上げることは出来ないからです。

学習習慣をつけることが2学期以降に役立つ
2学期以降の成績の子とも考えると、夏休みのあいだに家で勉強する習慣を身につけておくことのほうが役立ちます。こちらは半強制的ではなく、自主的な勉強です。

すでに家で勉強する習慣がある人はいいのですが、そうでない人にとって家で勉強する習慣をつけることはカンタンではありません。「テスト前だけ勉強する」のでは習慣とは言えません。

テスト前でなくても勉強する習慣をつける。
そのためには自分なりの勉強方法を確立しなければなりません。

自分にあった勉強方法を見つけるにはいろいろな勉強法を試してみることが必要です。
こうしたことができるのが夏休みです。テスト前では試す余裕はありません。

その候補のひとつとなるのがスタディサプリ中学講座です。
動画と問題演習がメインとなりますが、使い方はそれぞれ。

動画授業を見てから問題演習をする人もいれば、先に問題演習をする人もいます。
また、テスト対策講座の使い方もひとそれぞれ。

いろいろ試しながら自分にあった使い方を見つけられるのが夏休みから使い始めるメリットです。自分なりの勉強方法が見つかってしまえば、それが2学期以降に活かせるというわけです。

まだ使ったことがない人は、時間のある夏休みに試してみてください。

公式サイトでチェック